繊維機械 販売・開発・メンテナンス
HOME News 織物機械 開発中 オール電化 リンク 会社情報 お問い合わせ

第1回「ものづくり日本大賞」

 

内閣総理大臣賞 受賞

 

世界初の
「多品種小ロット織物生産システム」


従来の織物生産の工程では、縦糸の色柄が変わるたびに、基本的に手作業で5000〜1万本の糸を準備する必要があった。大変な手間と時間を要し、たとえば20着でも2000着でも、それに費やすエネルギーはほとんど変わらない。このため、近年ニーズが高まっている多品種小ロット生産を行ううえで、大きなネックとなっていた。機械商社である片山商店が、京都工芸繊維大学、兵庫県立工業技術センター、村田機械、それに地元企業と共同で「内閣総理大臣賞」を受賞した世界初の織物生産システムが、その問題を解決した。最高9色を任意の長さでつないだ縦糸をつくることができ、糸の交換作業を行わずに、色柄の違う織物を同時に織ることを可能にしたものだ。生産コストは39〜81%もダウン、原材料のロスも大幅に減った。

アレンジ・ワインダーの詳細
紹介されました  アレンジワインダー新聞記事等
紹介されました  ものづくり大賞新聞記事等

「ものづくり日本大賞」とは?

2005年にスタートした総理大臣表彰「ものづくり日本大賞」。日本の文化や産業を支えてきた”ものづくり”を新しい時代に継承・発展させていくため、その最前線で活躍する人々を顕彰し広く世の中に伝えるために創設された賞です。
「世界初」「世界一」という形容にふさわしい数々の技術や製品は、日本が誇れる大きな財産。その技と心意気を讃え、世界に発信していきます。主催は、経済産業省、国土交通省、厚生労働省、文部科学省および社団法人日本機械工業連合会で、2年に1回。

首相官邸のオフィシャルサイト
平成17年8月4日、小泉総理は総理大臣官邸で、第1回「ものづくり日本大賞」内閣総理大臣表彰を行いました。
「ものづくり日本大賞」のオフィシャルサイト
受賞者たちの熱きドキュメントとムービー

 
| HOME | News | 繊維機械 | 開発中 | オール電化 | リンク | 会社情報 | お問い合わせ |

繊維機械 販売・開発・メンテナンス
津田駒工業(株)・村田機械(株)・藤堂製作所 正規代理店
兵庫県西脇市西脇1130-6
TEL:0795-22-2613 FAX:0795-23-6007
Back to Page Top
 
(C) Copyright 2007-08 KATAYAMA Co., Ltd. All right reserved.